{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
 
お問合せ 0120-50-4822 (平日 9:00〜17:30)
 
 

産後ケア(リフォーム期間)のQ&A

Q&A



Q1.産後のケアって何ですか?

主に妊娠・出産によってゆるんだ骨盤と、出産で伸びてしまった骨盤底筋をケアすることを言います。
骨盤は妊娠中からホルモンの変化によりゆるみはじめますが、分娩時に最大にゆるみ、
出産直後の骨盤は赤ちゃんが通るために最大に開き、グラグラの状態になります。
また骨盤底筋も、分娩時には直径10センチほどの胎児の頭が通るため、ダメージを受け伸びてしまいます。
産後すぐに骨盤ケアをすることで、骨盤と骨盤底筋を正常な状態に戻すことが必要です。


Q2.骨盤ケアが特に重要なのはなぜですか?

骨盤のゆがみが引き起こすといわれている症状はさまざまです。
腰痛・尿漏れ・下半身太り・肩こりなど、骨盤のゆがみは女性にとってはさまざまなトラブルの原因となります。
骨盤のゆがみを補整するだけで、上記のような症状の軽減や改善につながるため、骨盤のケアはとっても重要です。


Q3.産後ケア(リフォーム)の流れを教えてください。

1)骨盤固定期間(産後すぐ~産後2週間ごろ)
妊娠・分娩の際にゆるんだ恥骨結合の回復のために骨盤をしっかり固定します。

2)骨盤加圧期(産後2週間以降~)
骨盤に圧をかけて徐々に骨盤を正常な状態に戻してゆきます。

3)リフォーム期(産後4・5週間以降~)
悪露が落ち着いたら、妊娠脂肪を移動させるリフォーム期間となります。
段階に応じた産後リフォーム用品で、ボディラインを整えます。
妊娠中に蓄えられた妊娠脂肪や伸び切った皮膚は、出産後 体重が戻ってもなかなかもとには戻りません。
体重が同じでも脂肪のつく場所が違うと見た目は全然違うラインになってしまいます。
産後リフォーム用品には 下に下がろうとする脂肪を適切な位置にとどめ、
ゆるんだ筋肉に適度な圧をかけて刺激する目的もあります。
また産後のデリケートなお腹を保温し、外からの力に対して体を保護する効果もあります。
単に体重をもとに戻すのではなく、ボディラインそのものを取り戻すためにもリフォーム用品を適切に利用しましょう。








Q4.産後はバストケアも必要なのですか?

産後にバストの下垂を招いてしまう原因は、妊娠中から授乳期にかけて乳腺が発達し胸が大きくなると同時に、
バストを支えるクーパー靭帯まで伸びてしまうことが主な原因と言われています。
卒乳後 乳腺がしぼみボリュームがなくなっても伸び切ったクーパー靭帯は元に戻りません。
伸びを最小限に抑えるためにも産後だけでなく妊娠中からバストの下垂対策は必要と言えます。
大きく変化するバストを支えられよう産前産後用の肩紐部分がしっかりしたブラジャーを選び、
変化に合わせてサイズの合ったものを正しく着けましょう。



Q&Aのカテゴリトップに戻る


現在登録されている商品はありません。