{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
 
お問合せ 0120-50-4822 (平日 9:00〜17:30)
 
 

産前(マタニティ期間)のQ&A

Q&A



Q1.どうして妊婦帯が必要なの?

1)腰や背中の負担を和らげる
妊婦帯は大きくなったお腹を締め付けたり圧迫しないよう下から持ち上げるよう支える設計であり、
着用することにより腰への負担を軽減し、からだのバランスを安定させるサポートをします。
2)お腹の保温のため
妊娠中の子宮は赤ちゃんを保温する羊水で満たされています。
大切な子宮を冷やさないためにも、妊婦帯を着用しお腹をしっかり保温しましょう。
着用することにより腰への負担を軽減し、からだのバランスを安定させるサポートをします。
3)外部からの刺激や衝撃を緩和
妊婦帯を着用することにより、外部からの衝撃や刺激などを緩和することができます。


Q2.いつごろから妊婦帯を使うの?

お腹が大きくなる5ヶ月ごろから着けましょう。
一般的には妊娠5ヶ月めの戌(いぬ)の日に安産を願って腹帯を巻く風習がありますが、
子宮は3ヶ月ごろから大きくなっていますので、戌の日にこだわらず早めに着け始めてもよいでしょう。


Q3.妊婦帯はどんな種類があるの?

個人差のあるお腹の形にも無理なく合わせて巻ける「さらしタイプ」
ソフトな着け心地で着脱が簡単な「腹巻タイプ」
仕事やおでかけ時にスッキリした履き心地の「パンツタイプ」
さらに妊娠後期で大きくなったお腹を支えるのにプラスできる「サポートベルトタイプ」「骨盤ベルトタイプ」
などがあります。生活スタイルやお腹の状態によって使い分けができます。





Q4.戌(いぬ)の日ってなに?

安定期に入る妊娠5ヶ月めで「安産祈願を行うとよい」とされている日のことです。





Q5.マタニティブラジャーは必要?

妊娠すると乳腺が発達してバスト全体が大きくなるので、一般的なブラジャーでは合わなくなります。
マタニティブラジャーは、乳腺の発育を考慮してカップが大きくなっており、
乳腺の発達を妨げないようにやさしくフィットし、しっかり支えます。
授乳期にも使用できるよう開閉式になったものもあります。







Q6.マタニティショーツは必要?

妊娠すると子宮が血管を圧迫し、血液の循環が悪くなり下半身は冷えやすくなります。
おなかをすっぽり包み込むマタニティショーツで赤ちゃんをやさしく保護してあげましょう。
冬はもちろん、夏場もクーラーなどでお腹は冷えがちになります。
冷えを防ぐためオーバーショーツで重ね着もおすすめします。
また、出産直後に必要な産褥ショーツなどマタニティ特有のものもありますので、
妊娠段階に合わせて準備必要となります。







Q&Aのカテゴリトップに戻る


現在登録されている商品はありません。